トップ > 実績・コラム > 企業がバーティカルメディアを運営する際のポイントとは?

実績・コラム

企業がバーティカルメディアを運営する際のポイントとは?

19/11/13 | コラム

「特化型メディア」という意味を持つバーティカルメディア。オウンドメディアと並び、最近耳にする機会も増えてきているのではないでしょうか? そこで今回はそもそもバーティカルメディアとはどういったものなのかといった基本的なことから、バーティカルメディアを運営するメリット・デメリット、そして企業がバーティカルメディアを運営する際のポイントについて考察していきます。

バーティカルメディアとは?

ひと口にメディアといっても、その種類はさまざまです。例えば、TwitterやFacebookといったソーシャルメディア、YouTubeやニコニコ動画といった動画投稿サイト、Yahoo! やMSNといったポータルサイトなどは、すべてネットメディアです。

メディアとは、不特定多数のユーザーに対し情報を発信する媒体であり、上述したものもすべて何かしらの情報を発信しているメディアです。例えばYahoo! やMSNといったポータルサイトでは、政治経済・エンターテインメント・スポーツ・事件といったニュースから、オークション、旅行、ゲーム、地図などあらゆる情報を網羅して発信します。

ポータルサイトのように多くのユーザーに対し幅広い情報をホリゾンタル(水平)に発信するメディアがある一方で、特定のユーザーに向けてほかでは知ることのできないような情報を発信するメディアもあります。一つの分野に特化し、その分野をバーティカル(垂直)に掘り下げて得た情報を発信する、それこそが今回ご紹介するバーティカルメディアです。

ある分野に特化した情報を発信するという点においては、企業が運営するオウンドメディアも似たような特性を持ったメディアです。もちろんさまざまな事業を行っている企業でそれらすべての情報を発信しているとなれば、ホリゾンタルに近いメディアであり、バーティカルメディアとはいえません。しかし、自社の一つの製品や一つの業種に特化した情報を発信するオウンドメディアであれば、それは企業発のバーティカルメディアといえるでしょう。

企業がバーティカルメディアを運営する際のメリットとデメリット

企業がさまざまな情報を発信するオウンドメディアを持つのに比べ、一つの製品や一つの業種に特化したバーティカルメディアを運営することでいくつかのメリットが発生します。ここでは企業がバーティカルメディアを運営することで得られるメリットを中心にデメリットもあわせてご紹介します。

バーティカルメディアを運営することで得られるメリット

1.特定の分野で専門性を担保し深堀りをしていくことで競合他社との差別化につながる

企業がWebサイトを運営していくうえで考えなければならないことのひとつとして競合他社対策があります。同業他社がWebサイトから発信している情報に比べ、見劣りするような情報しか発信できなければユーザーを獲得することはできません。ここで競合他社対策として有効な手段のひとつとなるのがバーティカルメディアとして、より専門的な情報を深堀りして発信していくことです。特定分野のプロとしてほかでは得られない有益な情報を発信できれば、競合他社対策として大きな効果を発揮します。

2.悩みや課題など明確な動機を持ったユーザーを集められる

一つの分野や製品に特化した情報を発信することで、その分野や製品に対する悩みや課題を持っているユーザーをピンポイントで集客できることも大きなメリットです。幅広い分野の情報を発信するメディアの場合、より多くのユーザーを集客できるメリットがありますが、その分、自社が求めていないユーザーも多く集まってしまいます。しかし、バーティカルメディアであれば、本当に自社や自社の製品に興味を持ったユーザーだけを集められるため、商品購入や資料請求への誘導もしやすくなります。

3.特定の分野に絞り込むことで検索エンジン対策にもなる

分野によって競合他社との兼ね合いもありますが、特定の分野に絞り込んだ情報発信をすることで、検索エンジンでも上位表示される可能性が高まります。特にロングテールキーワードとよばれる、特定テーマに関する掛け合わせキーワードであれば、大手企業よりも上位に表示されるようになることも十分にあり得ます。

バーティカルメディアを運営することで発生するデメリット

1.特定の分野を深堀りするためネタ切れの心配がある

複数の分野にわたったメディアの場合、それぞれの分野ごとに幅広い情報を発信することができます。しかしバーティカルメディアの場合、特定の分野に特化した情報を発信するため、運営期間が長くなればなるほどネタ切れの心配が出てきます。

2.特定の分野を深堀りして情報発信するため、専門知識を持ったスタッフが必要になる

バーティカルメディアとして競合他社に負けない専門的な情報を発信していくためには、専門知識を持ったスタッフを置くことが必須となります。仮に専門知識を持った社員がいたとしても、自分の業務をこなしながら頻繁に情報発信をしていくことは非常に困難です。場合によっては外部クリエイターに依頼することになり、コスト増につながってしまいます。

企業がバーティカルメディアを運営する際の問題点

企業がバーティカルメディアを運営し、成果に結びつけるうえで問題となるのは、情報の量と質の高さですが、特に質の高さは重要なポイントです。量を意識し過ぎると質が薄まってしまう可能性があり、そうなるとバーティカルメディアのメリットがなくなってしまいます。また、ターゲットが欲している情報と、自社の専門性を発揮できる分野の重なりを意識した設計ができていないと、ユーザーの集客だけではなく回遊性、再訪率も減少します。そのため、ターゲットのニーズをしっかりと把握し、エンゲージメントするようにしていかなければ成功はおぼつかないでしょう。

しかし、それだけのことを自社内ですべて完結させることは容易ではありません。そこでおすすめしたいのが、ユーザーのニーズをつかみ、回遊率、再訪率を上げるツール、Contents Recommend(コンテンツレコメンド)です。このツールでは必要なページにタグを設置するだけでアクセス情報の収集やユーザーごとにおすすめの商品を表示させることができ、ユーザー一人ひとりに適切な情報発信と誘導を行います。

また、 Contents Recommend(コンテンツレコメンド)の機能の一つであるサイト内の行動・購入履歴を基に作成したユーザーごとのおすすめコンテンツをメール送信する機能を活用すれば、再訪率アップも期待できます。こうしたツールを導入し手間がかかる業務を自動化することで、企業は業務効率化も可能になります。

バーティカルメディアの運営成功のカギは管理の自動化

特定の分野に特化した情報を発信することで自社にとって有益な顧客集客を実現するバーティカルメディア。しかし競合他社との差別化を図るには発信する情報の質と量の両方を兼ね備える必要があり、しっかりと手間をかけて設計することが重要です。

基本的にバーティカルメディアはすぐに会社の利益に直結する施策ではありません。課題を抱えているユーザーに対して回答となる情報を発信することで、少しずつ信頼関係を築いていくためのものです。そのため、特にネットマーケティングに大きな予算をかけられない企業にとってバーティカルメディアを人力だけで運営管理していくことは、非常に困難です。

そこでポイントとなるのが、どれだけ運営管理を自動化し、なおかつユーザーの回遊率や再訪率を上げられるかということです。そういった意味でContents Recommend(コンテンツレコメンド) はコストを抑えつつ、大きな効果が期待できるツールであるといえます。バーティカルメディアの運営管理に課題を抱えているのであれば、ぜひContents Recommend(コンテンツレコメンド)の導入を検討されてみてはいかがでしょう。

この記事を書いたのは レコメンド担当 です
Contents Recommend(コンテンツレコメンド)は当社が2010年からサービス提供しておりますレコメンドエンジンをベースに、情報量が多く複数のターゲットに利用されるサイト向けに、さらに安定度を高めたレコメンドサービスです。

まずは、最大2ヶ月無料トライアルをご活用ください!

月額:39,000円から始めるWEBマーケティング

※別途初期費用がかかります。